<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ラジオドラマ

NHKーFM FMシアター 劇作家シリーズ
『大きな豚はあとから来る』
【放送日】2011年3月5日(土曜日)22:00-22:50 NHKーFM

渡辺源四郎商店工藤支店で上演された『大きな豚はあとから来る』(2010年9月青森、2011年1月東京)が、NHKーFMの「FMシアター 劇作家シリーズ」で、ラジオドラマとして制作。舞

作:工藤千夏
音楽:小林洋平
演出:江澤俊彦
技術:北原悠介
音響効果:岩崎進
出演:春日井静奈 小林親弘 入江純 ほか

NHKーFM「青春アドベンチャー」に工藤千夏がラジオドラマ書き下ろし

NHKーFM「青春アドベンチャー」(FM 月曜~金曜日 22時45分)のオーディオドラマ短編競作シリーズの金字塔"ライフシリーズ"第5弾『カラー・ライフ』の放送が決定。過去4シリーズでの執筆陣を一新し、首都圏で活躍する気鋭の劇作家6名に、第一線の詩人3名を加え、さらにパワーアップする1話完結の短編ドラマの10本シリーズ。今回の通しモチーフは「色」。「赤」「青」「黄」「緑」など、10の≪色≫をモチーフに、冒険物語、ファンタジー、人情噺、コメディー、ホラー、SF、恋愛もの、などバラエティーに富んだ10の全く違う物語を、大路恵美と内田健介の二人が通しで演じていく。

工藤千夏の『桃色迷路』は5月17日(木) 22:45~23:00放送予定。

NHKネットラジオ「らじる★らじる」でインターネット同時配信もします。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/

『カラー・ライフ』(全10回)

【放送日】
5月14日(月)~5月18日(金) 22:45~23:00(1-5回)
5月21日(月)~5月25日(金) 22:45~23:00(6-10回)

作:
吉田小夏「一膳の赤」
鎌田順也「青空の彼方へ」
フジノサツコ「白い霧の家」
工藤千夏「桃色迷路」
蜂飼耳「茶色いカバン」
中津留章仁「灰の音(はいのね)」
大河内聡「黄身の声」
日和聡子「紫のハイヒール」
大橋秀和「黒髪の固まり」
和合亮一「緑の使者」

選曲:石原慎介
演出:江澤俊彦
技術:金子泰三 山田顕隆
音響効果:菊地亮 米本満

出演:大路恵美 内田健介 ほか

エフエム世田谷「シアターF」
花組芝居ラジオドラマ『八月の再会』

【放送日】2012年8月8日(水)21時〜

エフエム世田谷(83.4MHz)で毎週水曜日午後9時OnAirの演劇ラジオ「シアター F」。その中の番組内ゲストコーナー「井戸端ラジオ」毎月第2週は花組芝居(加納幸和、水下きよし、植本潤、大野裕明がローテーション)が担当。2009年から始まったこの工藤千夏書き下ろし、水下きよし演出のラジオドラマ・シリーズ、今回は8本目となります。

『八月の再会』
作:工藤千夏
演出:水下きよし
出演:大井靖彦、嶋倉雷象、堀越涼、水下きよし
インターネット配信はこちらから。FM世田谷83.4MHz サイマル実験放送ページ

d0203926_13281759.jpg


◎バックナンバーはこちらからどうぞ。全作品の演出は、水下きよし。

2009年4月放送 『左手のための夜想曲』 出演:山下禎啓、嶋倉雷象
2009年8月放送 『ラストソング』 出演:北沢洋、水下きよし
2009年12月放送 『三人のサンタクロース』 出演:北沢洋、大井靖彦、原川浩明
2010年7月放送 『ビールの海』 出演:大井靖彦、丸川敬之、水下きよし
2010年10月放送 『男子の本懐』 出演:各務立基、大井靖彦
2011年5月放送 『I LOVE ROBOTS』 出演:北沢洋、磯村智彦、堀越涼
2011年10月放送 『母の遺言』 出演:植本潤、岡本篤(劇団チョコレートケーキ)、水下きよし

NHK FMシアター
『ちょっといいですか?』
2015年10月10日(土)21:00〜21:50

【出演】
市原悦子
角野卓造
林次樹 花戸祐介 大山なおこ  富岡英里子 渡辺樹里 山崎智史

【作】工藤千夏
【演出】江澤俊彦
【音楽】ニウナオミ
【技術】加村武 山田顕隆
【音響効果】石川恭男

[PR]
by usagian-nabegen | 2017-04-18 13:45 | ラジオドラマ

上演記録


◆上演記録◆
2002.6.1 トド・コン・ネダ・ショウ・ワールド@タイムズスクエア・シアター(NY)
『D』
<作・演出>

2002.12.16 マーティン・シーガル・シアター(NY市立大学グラデュエイトセンター)
現代日本戯曲リーディングの夕べ『阿房列車』(作:平田オリザ)
Trifle Train

<翻訳・演出・出演>

2002.12.28 ザ・レッド・ルーム(NY)
『あなたなしでは生きられないが、あなたとは生きられない。』
I can't live without you, but I can't live with you.

<作・演出>

2003.5.3-5.5 Bar兎(東京)
兎芝居Vol.1『卯の卵』
<作・演出>

2003.8.3 兎小舎(東京)
兎芝居番外篇ピアノ・リーディング『円周率の夜』
<作・演出>

2003.10.22 THE DING DONG LOUNGE(NY)
2003.11.5 HUE-MAN BOOKSTORE(NY)
「INVISIBLE WOMEN 見えない女たち」(『D』抜粋)
<戯曲提供>

2003.12.20-26 アトリエ春風舎(東京)
青年団若手自主企画Vol.13『真赤な白』
<作・演出>

2004.1.29 東奥はちのへホール(八戸)
2004.1.30 AUGA(アウガ)男女共同参画プラザ5F・AV多機能ホール(青森)
ピアノ・リーディング『円周率の夜』
<作・演出>

2004.5.3,5.8 こまばアゴラ劇場(東京)
春の団祭り2004/青年団国際演劇交流プロジェクト2004『山羊 -シルビアってだれ?-』東京公演関連企画 オールビー作品リーディングBプロ 『動物園物語』
(作:エドワード・オールビー)
<翻訳・演出>

2004.8.3-8.4 こまばアゴラ劇場(東京)
2004.8.17 スタジオ・デネガ(弘前)スタジオ・デネガ提携
うさぎ庵公演Vol.1『星守る犬』
<作・演出>

2004.8.12 南青山MANDALA(東京)
BoroBon+うさぎ庵 Presents『星守る犬 -マンダラ・バージョン-』
<作・演出>

2005.4.7-12 アトリエ春風舎(東京)
青年団若手自主企画Vol.20『蟹か二か弐か』
<作・演出>

2005.5.12-15 高輪カフェシーニョ(東京)
Cordeliaプロデュース公演『真赤な白』
<戯曲提供>

2005.6.16-26 Collective Unconscious(NY)
Project D Company presents Japanese Night/Double Feature"D" & "Danger Man or a More Beautiful Heaven"
<戯曲提供>

2005.9.4-5 cafe bar Atom  カフェバー アトム(青森)
うさぎ庵公演Vol.2
『卯の卵』

<作・演出>

2005.11.12 アトリエ春風舎(東京)
渡辺源四郎商店開店準備公演提携青年団若手自主企画26
『俺の屍を越えていけ』 短編バージョン・リーディング

(作:畑澤聖悟)
<演出>

2006.2.7-8 盛岡劇場タウンホール(岩手)
2006.2/11-15 アトリエ春風舎(東京)
青年団リンク・うさぎ庵公演Vol.3/第74回もりげき八時の芝居小屋
『よいことわるいこと』

<作・演出>

2006.3.25 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール(埼玉)
キラリ☆ふじみフェスティバルキラリ☆ふじみ朗読劇
『ドルチッシモ・カンタービレ』

<作・演出・WS> 

2006.8.10-12Interior&Cafe Bar「Only One」(岩手)
Web Magazine 盛岡絶賛系 PRESENTS
『卯の卵』

<戯曲提供>

2006.12.2 Taipei Cultural Center of TECO in New York
Theatre Arts Japanes Staged reading series Vol.2
40 Minutes from the Back

(『背中から四十分』作:畑澤聖悟 訳:近藤強)
<演出>

2007.1.16-17南青山MANDALA(東京)
青年団リンク・うさぎ庵Vol.4
『左手の恋-Piano Stories-』

<作・演出>

2007.2.2-3 にしすがも創造舎特設劇場(東京)
東京国際芸術祭2007TIF+日米カルチュラル・トレード・ネットワーク(CTN)/アーツ・ミッドウエスト+プレイライツ・センター アメリカ現代戯曲&劇作家シリーズVol.2 ドラマリーディング
『素晴らしい事が終わるとき―歴史とわたしとバービー人形―』

(作:シェリー・ クレーマー、翻訳:目黒条、ドラマターグ:長島確)
<演出>

2007.4.4-9 アトリエ春風舎(東京)
2007.4.13-14 AUGA(アウガ)男女共同参画プラザ5F・AV多機能ホール(青森)
青年団リンク・うさぎ庵公演Vol.5/青森演劇鑑賞協会第324回例会
『チチキトク サクラサク』

<作・演出>

2008.7.20-7.21 東京ガス横浜ショールーム(神奈川)
BoroBon企画 ~ハナオフ+うさぎ庵Vol.6~
借景芝居『男たちのお料理教室』

<作>

2009.4.2-4.6 アトリエ春風舎(東京)
青年団リンク・うさぎ庵公演Vol.7
『7歳の孫にジンを2杯飲ませた祖母』

<作・演出>

2009.5.1-6.28 小劇場サンサンブルー(韓国・ソウル)
劇団Modo Troupe公演『卯の卵』(飜譯/飜案: ザンスンヨン、脚色/演出:ゾンヒェユン)
<戯曲提供>

2009.7.25-7.26 青森屋台村さんふり横丁 纏/あきら(青森)
渡辺源四郎商店工藤支店Vol.1 借景芝居『A面・B面』
2009.7.24 アトリエ・グリーンパーク(青森)
『まるごとA面・B面 ~両面リーディング&トーク~』
<作・演出>

2009.11.4-11.8 全労済ホール/スペース・ゼロ(東京)
全労済ホール/スペース・ゼロ20周年記念「ラフカット2009」ラフカット15周年スペシャル 
第二話「真夜中の太陽」

(原案・音楽:谷山浩子)
<作・演出>

2010.5.19-22 全労済ホール/スペース・ゼロ(東京)
谷山浩子 Presents うさぎと猫の芝居小屋 Vol.1
第1話『不思議なアリス』/第2話『真夜中の太陽』
(原案・音楽:谷山浩子)
<作・演出>

2010.7.25 青森県総合社会教育センター(青森)
青森県近代文学館特別展「西北五文学散歩」記念
なべげん Presents リーディング・コラージュ
『シュウちゃんの知らない津軽 SEI HOKU GO!』

<構成・演出>

2010.7.27-31めぐろパーシモンホール・小ホール(東京)
パーシモン・パレット・プログラム2010『演劇コース発表会「真夜中の太陽」』
<作・演出・WS>
原案・音楽:谷山浩子

2010.9.11-12 旧王余魚沢小学校(青森)
ASAHI ART FESTIVAL 2010かれいざわアートICHIBA渡辺源四郎商店番外公演
『箱入り少女』

(作:畑澤聖悟)
<演出>

2010.9.13-14
平成23年度 第3回東青・下北地区高等学校演劇合同発表会
2010.10.30-31
第31回青森県高等学校総合文化祭演劇部門発表会
第53回青森県高等学校演劇合同発表会兼東北大会予選会
『寺山修司あるいはトロイメライ』
<作>

2010.9.23-26 アトリエ・グリーンパーク(青森)
2011.1.2-3こまばアゴラ劇場(東京)
渡辺源四郎商店工藤支店Vol.2『大きな豚はあとから来る』
<作・演出>

2010.10.12-14 コレドシアター(東京)
平成22年度(第65回)文化庁芸術祭参加
青年団リンク・うさぎ庵Vol.8
『女と女と棺と女』


2011.6.11-13 アトリエ・グリーンパーク(青森)
2011.6.17-19 アトリエ春風舎(東京)
渡辺源四郎商店工藤支店Vol.3『桃色淑女』
<作・演出>

2011.8.20-21 カメリアプラザ カメリアホール (東京)
うさぎと猫の芝居小屋vol.2『真夜中の太陽−カメリアバージョン』(原案・音楽:谷山浩子)
<作・演出>

2011.8.9−10  岩手県民会館中ホール (岩手)第65回県央・南盛岡ブロック高校演劇研究発表会
2011.10.19-2 北上市さくらホール中ホール(岩手)第34回岩手県高等学校総合文化祭演劇部門発表会・第37回岩手県高等学校演劇発表大会
2011.12.16-18山形市民会館(山形)東北大会
盛岡市立高校『真夜中の太陽』(潤色:佐藤かつら)
<戯曲提供>

2011.9.17-18 青森明の星高等学校 明の星ホール
平成23年度 第3回東青・下北地区高等学校演劇合同発表会
『わたしの弔辞』

<作>

2011.12.27-29 ザ・スズナリ(東京)
青年団リンク・うさぎ庵公演Vol.9『ウィリアムの仇討ち』
<作・演出>

2012.11.18-25 アトリエ春風舎(東京)
2012.12.1-2 演研・茶館工房(北海道・帯広)
青年団×劇団演研×渡辺源四郎商店 青年団リンク・うさぎ庵公演vol.10
『よわくてやわらかくてつよい生き物』
<作・演出>

2012.9.1-2 アトリエ・グリーンパーク(青森)
2012.9.8-9 長久手市文化の家 風のホール(愛知)
2012.10.13-14 盛岡劇場タウンホール(岩手)
2012.11.9-11 こまばアゴラ劇場(東京)
2012.12.15-16 いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場(福島)
架空の劇団×渡辺源四郎商店合同公演『震災タクシー』
<共同執筆、共同演出>
畑澤聖悟、くらもちひろゆき、工藤千夏

2013.2.13-24 紀伊國屋サザンシアター(東京)
劇団民藝公演『真夜中の太陽』
<書き下ろし>

2013.3.1-3 クレール(東京)
三ツ倉美容館・渡辺源四郎商店 Presents 
うさぎ庵Vol.11 借景芝居『パーマ屋さん』

<作・演出>

2013.4.20-28 アトリエ・グリーンパーク(青森)
2013.5.3-6 ザ・スズナリ(東京)
渡辺源四郎商店第16回公演『オトナの高校演劇祭』
『ひろさきのあゆみ』
(作:柴幸男、潤色:畑澤聖悟)
<上演台本構成・演出>


2013.11.3-7 アトリエ・グリーンパーク(青森)
2013.11.15-17 こまばアゴラ劇場(東京)
渡辺源四郎商店第18回
『イタコ探偵工藤よしこの事件簿』
<共同作・演出 畑澤聖悟>

2014.5.2&.5 ザ・スズナリ(東京)
渡辺源四郎商店Presents
うさぎ庵Vol.12
『Noodles』
<作・演出>

2015.3.1&8&15&22 渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場(青森)
渡辺源四郎商店第21回公演/なべげん日曜劇場
『中山くんの縁談』
<作・演出>
※演出を担当した『忠臣蔵・OL篇』(作:平田オリザ)と2本立て公演。

2015.6.10〜14 スペース・ゼロ(東京)
『終電座』
<作・演出>
※ラフカット2015で上演の4作品のうちの1本。谷山浩子原案・音楽。

2015.11.8〜15   渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場(青森)
2015.11.21〜23   こまばアゴラ劇場(東京)   
渡辺源四郎商店第23回
『クリスマス解放戦線』
<共同作・演出 畑澤聖悟>

2016.2.21 渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場(青森)
『なべげんオトナもコドモも劇場』
構成:工藤千夏
演出:畑澤聖悟

2016.7.26-30めぐろパーシモンホール・小ホール(東京)
パーシモン・パレット・プログラム2016『演劇コース発表会「終電座」』
<作・演出・WS>
原案・音楽:谷山浩子

2016.8.22 2Fcoffee(東京)
Fcoffee&渡辺源四郎商店Presents うさぎ庵Vol.13
『珈琲屋さんの朗読会』
朗読:各務立基
音楽:丹羽剛
<テキスト・演出>

2016.11.13~20日 渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場(青森)
2016.12.30~ 2017.1.2こまばアゴラ劇場(東京)
2017.1.7~9津・あけぼの座(三重)
渡辺源四郎商店第26回公演
『コーラないんですけど』
<作・演出> 

2017.2.5〜10 四国学院大学ノトススタジオ(香川)
SARPvol.12
『くちきかん』
<作・演出> 

2017.6.16〜18 ゆうど(目白)
てんらんかい〜天明留理子 講談〜ひとり芝居〜
『永い接吻』
<作・演出>

2017.7,16ー17 渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場(青森)
てんらんかい&渡辺源四郎商店Presentsうさぎ庵Vol.14
『永い接吻』
<作・演出>

2017.10,8ー9 せんだい演劇工房10-BOX(宮城)
せんだい卸町アートマルシェ2017
仙台市市民文化事業団設立30周年記念事業
『コーラないんですけど』
<作・演出>

2017.10.13 青森県立青森南高等学校体育館(青森)
青森県立青森南高等学校芸術鑑賞教室
『コーラないんですけど』
<作・演出>


   
           

[PR]
by usagian-nabegen | 2017-04-18 12:12 | TOP

プロフィール

◆プロフィール◆
工藤千夏 くどうちなつ 劇作家、演出家
現在、「うさぎ庵」主宰、渡辺源四郎商店ドラマターグ、なべげんわーく合同会社代表社員、青年団演出部所属、青森県立保健大学非常勤講師、四国学院大学非常勤講師、日本劇作家協会会員(高校演劇担当委員/広報部副部長)。

1992年青年団入団、初演『北限の猿』(作・演出:平田オリザ)に出演。コピーライターとして、朝日広告賞、消費者のためになる広告賞など多数受賞。演劇活動に専念するために広告代理店を退社、米国留学を敢行。NY市立大学大学院演劇科修士課程修了。留学中(2000~2003)に、マック・ウェルマンに師事、劇作を始める。英語による自作の、『D』(2002年6月)、『I can't live without you, but I can't live with you.』(同12月)をニューヨークにてリーディング上演。また、同じく12月には、ニューヨーク市立大学グラデュエイト・センターにて、平田オリザ作『阿房列車』の英語版、日本語オリジナル版のリーディング同時上演を企画、翻訳、演出、出演する。帰国後の2003年1月より青年団演出部に所属、日本での活動を開始する。また、畑澤聖悟主宰の渡辺源四郎商店にドラマターグとして関わり、東京と青森を足しげく往復している。2012年12月31日をもって青年団リンク・うさぎ庵は青年団リンクを離れ、なべげんわーく合同会社プロデュースの渡辺源四郎商店工藤支店と活動を一本化、以後は「うさぎ庵」に名前に統一している。
主な作品は、『真夜中の太陽』『チチキトク サクラサク』『7歳の孫にジンを2杯飲ませた祖母』『大きな豚はあとから来る』『よわくてやわらかくてつよい生き物』『終電座』他。

2003年初演の『卯の卵』は2009年6月、劇団MODEによって韓国ソウルにて韓国語で上演された。谷山浩子原案・音楽の『真夜中の太陽』は、ラフカット、うさぎと猫の芝居小屋(谷山浩子と工藤千夏の演劇プロデュース・ユニット)での上演の後、劇団民藝に書き下ろした民藝版ロング・バージョンが上演された。2010年渡辺源四郎商店工藤支店公演として初演の『大きな豚はあとから来る』は、本人による潤色でNHKのFMシアターでラジオドラマ化された。

劇場での上演以外に、実際にある場所をそのまま舞台美術に使用する「借景芝居」を提唱、上演している。『卯の卵』@新宿区バー兎、『A面・B面』@青森市さんふり横丁、『男たちのお料理教室』@東京ガス横浜支社ショールーム、『パーマ屋さん』@世田谷区クレール。

作詞家としての仕事にも意欲的で、ミュージカルや歌曲の作詞の他、2004年には青森県三戸郡福地村立福地小学校校歌の作詞も手掛けている。

2013年5月、『パーマ屋さん』が第一回せんだい短編戯曲賞最終候補作品に選出。

書籍
対戦型エッセイ『アウガで会うが?』共著:畑澤聖悟
連作短編小説集『どこか暖かい場所へ』工藤千夏

[PR]
by usagian-nabegen | 2017-04-18 12:10 | TOP